ニュース

【フォートナイト】Apple・GoogleからBANされる【僕たちがやるべきこと】

昨日8/13 EPICは、フォートナイトのV-BUCKSの料金を一律にし、直接課金の形をとりました。
対象プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PC、Macを含んでいます。
iOS とAndroidにおいてはディレクトペイメントを導入し、AppleやGoogleから徴収される手数料分をディスカウントする仕組みです。

【フォートナイト】Apple・GoogleからBANされる経緯

プラットフォーム側であるApple、Googleは、
その課金システムについてガイドライン違反としAppstoreやGooglePlayでのダウンロードをブロック。
現状ダウンロードができない状態を措置をとってます。

EPIC GAMESは対抗し、訴状とともに
過去にAppleがIBMを揶揄した「1984」をオマージュした動画を公開。
#FREEFORTNITEを掲げ拡散を呼び掛けています。

オマージュの元ネタは以下です。
AppleがIBMを揶揄した1984年の映像をもとに作っています。

現状Appleでアプリ内での課金を行う場合、金額の30%がAppleに手数料として払い出されます。
実情を鑑みて割合として高いではないか、独占しているのではないかの訴えが今回の理由になります。
これを機にアプリプラットフォームの変革が起こる瞬間でもあるかもしれません。

まとめると

  1. 30%の手数料に異を唱えたEPIC GAMESは独自の課金システムを導入
  2. Apple(Appstore)/ Google(GooglePlay)からBAN
  3. EPIC GAMESが訴状・#FREEFORTNITEを掲げ拡散を呼び掛け

ユーザーである私たちには関係のない話に聞こえますが、
この事態が起こった以上次にお話しする内容は気を付けてみておくべきだと考えています。

私たちがあらかじめ注意していかないこと【フォートナイトBAN】

お伝えしたかった内容は、#freefortnite を広めようということではないです。
私たちが所有しているEPICのアカウントについてです。
このEPICの訴えに対して、どのような結果が出るかによりiOS・Androidユーザーの方のアカウントに影響が出る可能性があります。

モト

今のままだと、Appstore / GooglePlayでのシーズン4のプレイに時間がかかりそうです。
おそらく購入したV-Bucksもなくなるので今シーズン中に使用し、アカウントは他のプラットフォームに利用できるように管理しておいた方がよいかもしれません。

また、スマホ以外のフォートナイトプレイヤーはこのディスカウントでのV-BUCKSで購入しておいた方がお得でしょう。
Apple・Googleとの結果次第では、手数料を導入した課金システムに変わる可能性も考えておいた方が良いです。

公式のコメントはこちら

-ニュース

© 2021 フォートナイト TOPICS