ニュース リーク情報

オープンワールドのフォートナイトはメタバースへの唯一の方法か

Epic Games対Appleの訴訟で流出した「規定の添付書類」と題された文書から、フォートナイトをバトルロイヤルの域を超えたものにする計画が明らかになりました。チーフ・クリエイティブ・オフィサーであるドナルドマスタード氏のメタバースを作るというビジョンと合わせて考えると、オープンワールドのフォートナイトが唯一の方法である可能性があります。

マスタード氏は、フォートナイトの包括的なストーリーについてしばしば言及していますが、これは決して簡単なものではありません。
フォートナイトは外から見ると、人気メディアとのコラボ競争のようにも見えます。

しかし、過去3年間の複数のシーズンに渡って、複雑なストーリーが展開されています。The Vergeのインタビューでマスタード氏は、「それは必ずしも伝統的なキャラクター主導の3幕構成のストーリーではないかもしれません…そのストーリーは起こっていますが、あなたはその一部しか見ていないのです」と述べています。

フォートナイトのメタバース化という目標は賞賛に値するものであり、ブランドにキャラクターの権利を放棄させることができることを証明しています。フォートナイトでは、マーベルをテーマにしたシーズン全体がマップ上に影響を与えただけでなく、フォートナイトをマーベルコミックの世界にしました。そして現在、フォートナイトはDCコミックスにも同様の影響を与えています。しかし、現在のフォートナイトのバトルロイヤルのゲームプレイでは、物語やプレイヤーの楽しみ方、プレイヤーが形成するコミュニティ感が制限されています。

オープンワールドのフォートナイトはメタバースへの唯一の方法か

「メタバース」という言葉を聞くと、アーネスト・クラインの『レディ・プレイヤー1』のデジタル世界を思い浮かべる人が多いかと思います。
フォートナイトはバトルロイヤル モードを完成させましたが、パーティベースの小さな島と数ヶ月に一度の大規模なゲーム内イベントでは、メタバースとは言えません。しかし、Epic Games が計画している「オープンワールド・シミュレーション・サンドボックス・モード」の実装は、マスタード氏のビジョンを実現するためにフォートナイトに必要なものかもしれません。

Epic Games対Appleの裁判でリークされたフォートナイトのコラボをすべて紹介

Epic Games社とApple社の裁判の初日に、ボツまたは延期されたコラボの数々がリークされました。これらの中には、発売予定時期に噂されていたコラボレーションも含まれています。 2021年5月3日 ...

続きを見る

マスタード氏は、20分ごとに99人の他のプレイヤーと戦って最後の一人になることが、ストーリーテリングにとって最も理想的な形式ではないことを認識しています。しかし、フォートナイトは、複雑なストーリーをバトルロイヤルのベースに織り込むことに成功しています。
Epic Games は間違いなくストーリーテリングに長けており、フォートナイトのようなゲームで成し遂げたことがそれを証明しています。より普遍的なメタバースを一から構築しようとするのではなく、Epic Games はフォートナイトをそのタイトルに相応しいゲームに作り上げることができます。

Epicの裁判資料に記載されているオープンワールドのサンドボックスは、メタバースをイメージしやすくしています。
フォートナイトの熟練したストーリーテリング、豊富なライセンスキャラクター、そして絶大な人気は、バトルロワイヤルの激しさを取り除くことで開花します。プレイヤーは常に次の相手を探す必要はありません。その代わりに、フォートナイトのストーリーに満ちた世界を探索し、楽しむことができます。

「私たちの高い目標は、未来のエンターテインメント体験を創造することです」とマスタード氏は述べていますが、その体験はすぐそこまで来ているのかもしれません。来るべきオープンワールドモードのアセットは、すでにフォートナイトのバックエンドにロードされており、早ければ来シーズンには実装されるのではないかと多くの人が推測しています。いつ来るかは別にして、フォートナイトのバトルロイヤルと同じくらいの注目を浴びる必要があります。

フォートナイトコラボで最も稼いだトップ10

Epic Games対Appleの裁判で流出した文書により、最も収益の高いフォートナイトのコラボレーションが明らかになりました。この文書には具体的な数字は記載されていませんが、棒グラフで各コラボの収益 ...

続きを見る

パーティロイヤルモードは、フォートナイトがオープンワールド体験を扱うべきではないことを示す良い例です。カジュアルなプレイヤーが友人と一緒に過ごせるようにという意図で始まったこのモードは、すぐにフォートナイトの最も面白くない面になってしまいました。時折、デジタルコンサートや映画上映が行われますが、「パーティロイヤル」はこれらのイベント以外のものをあまり提供していません。マスタードが本当にフォートナイトの中でメタバースを確立したいのであれば、このオープンワールドの体験の中に根付かせる必要があります。

フォートナイトは、バトルロイヤルで行われるか新しい体験で行われるかに関わらず、今日、明日、昨日のアイコンを取り入れた見事なストーリーを語り続けます。しかし、デジタル化されたソーシャルインタラクションの必要性が高まるにつれ、革新的なデジタルプラットフォームの必要性も高まっています。そのプラットフォームとは、フォートナイトが間近に控えているオープンワールドの体験かもしれません。

-ニュース, リーク情報

© 2021 フォートナイト TOPICS